海外旅行で注意すること!TOP > 海外旅行での注意点 > 海外旅行に出かける前に予防接種する?

海外旅行に出かける前に予防接種する?

予防接種について

海外旅行では、その場所によって予防接種が必要な国があります。

主に、発展途上国や熱帯の地域が多く、危険な伝染病が多い国々です。

主な予防接種の種類は・・・

・黄熱病
・コレラ
・マラリア
・狂犬病
・日本脳炎
・A型肝炎
・B型肝炎
・破傷風
・テング熱


などです。

日本では狂犬病はないとされていますので、あまり知られていませんが、
もし、狂犬病が発症してしまったら助ける手段がなく、
ほぼ100%死ぬと言われている恐ろしい病気です。

日本人では、海外で感染して死亡する方も時々いるようです。

特に日本人の場合、これら病気を軽く考える傾向にあるので、
本当に真剣に考えなければいけませんね。

世界保健機構(WHO)で指定された国への渡航では、予防接種が
義務付けられていますが、指定されていない国でも、あまり衛生管理の
進んでいない国への旅行の場合には、自分から積極的に予防接種を
受けた方が無難です。

ツアーの場合では、旅行会社が事前にアドバイスをしてくれたりするので、
相談して確認してみてください。

新しい伝染病が発見されたりしていないか?

ウイルスが変異してより脅威を持ったりしていないか?

海外旅行に出かけるのであれば、前もって伝染病に関する
ニュースをチェックしてようにしておきましょう。

このような情報はインターネットを使えば簡単に調べることができます。

海外旅行へは、準備万端整えるようにしましょう。


 
inserted by FC2 system