海外旅行で注意すること!TOP > 海外旅行での注意点 > 時差ぼけ、食中毒になったら?

時差ぼけ、食中毒になったら?

時差ぼけ

時差ぼけというのは、時差の違う場所へ行った際、
体内時計が大きく狂ってしまう症状です。

もちろん、時差ぼけ症状の重さは個人差もありますが、
誰でも必ず何らかの不調を感じるみたいです。

時差がずれると言うことは・・・

・寝る時間なのに行動しなければならない

・これから行動する時間なのに夜で寝なければならない


このようになるので、どうしても睡眠時間が上手に調整
できなくなります。

ですので、体調を崩すのは当たり前です。

では、どうすればいいのでしょうか?

時差ぼけの原因は、睡眠不足に陥いることですから、
睡眠をとることで、その症状が良くなってきます。

ですが、そう簡単に寝付けるものではありませんよね。

楽しみにしていた海外旅行ともなれば興奮して寝れない
なんてことはよくあります。

しかし場合によっては、少量のアルコールや薬などを利用して
寝る時間には、寝るようにしなければいけません。


食中毒

海外旅行では注意が必要なのが食中毒ですね。

海外では、水が合わず食中毒になるケースがあるからです。

体の弱い方では、水道水を飲んだだけでお腹を壊します。

海外で生水を飲む人はあまりいないでしょうけど、
中には、氷でお腹を壊したなんて人もいるので、
ジュースや水割りなどで使う氷には注意が必要です。

また、食べ物ですが、生の物は特に注意が必要したいですね。

体力が低下している時には、少しの菌で食中毒になることがあります。

もし、万が一、食中毒になったなら、現地の日本大使館を訪ねて病院を
紹介してもらったり、相談するようにしましょう。


 
inserted by FC2 system