海外旅行で注意すること!TOP > 海外旅行での注意点 > 旅行先で病気になったらどうする?

旅行先で病気になったらどうする?

もしも、海外旅行中に病気になったらどうしますか?

初めての海外旅行でなくてもちょっと不安ですよね。

では、このページでそんな時にはどうすればいいのかを
解説していますので参考にしてみてください。


海外旅行で病気になったら?

まず、海外旅行時に、万が一、病気になってしまったら、
出来れば日本語、最悪でも英語が通じる病院を受診しましょう。

海外旅行の場合は、特に時差であったり、過密なスケジュールで
睡眠不足、食事では、油っぽい物、水が合わず下痢をするなど。


体調を崩す原因はいっぱいあります。

先ず、大事なのは海外旅行の際には必ず使い慣れた常備薬を
用意することです。

少しでも、体調がおかしいなと感じたら無理はしないで
なるべく体を休ます。

また、常備薬や体を休ませても治まらない場合は、日本語や英語の
通じる病院を現地のホテルで紹介してもらうか、あるいは、
現地の日本大使館や総領事館で紹介してもらうようにします。



万が一の場合は?

万が一、海外で重篤な症状になった場合や急な病気に襲われた時などは、
救急車を呼ぶ必要があるかもしれませんよね。

国によっても救急車の番号は違いますので、事前に調べておく必要があります。

また、海外で入院などするようなことになると手続きなどは必要になります。

そして、一般的には、海外の医療機関は非常に高く、
もちろん日本の国民健康保険などは使えません。

ですので、そのような時のために海外旅行傷害保険に
加入しておくのがいいでしょう。

海外旅行傷害保険では、転院の手配や弁護士、通訳の紹介などのサービスも
受けることも出来るので、安心して海外旅行を楽しむことができます。

海外旅行に出かけるなら、万が一の事を考えて準備しておきましょう。


 
inserted by FC2 system