海外旅行で注意すること!TOP > パスポート申請 > 未成年者のパスポート申請は?

未成年者のパスポート申請について

一般的に未成年者と言うと20歳に達しない者(満19歳以下)になるのですが、
パスポート申請での未成年者とは、満20歳未満で未婚の方になります。

20歳の誕生日前日で満20歳と判断されます。

また、20歳未満でも結婚している方(内縁関係では無効)は成人とみなされます。


未成年者のパスポート申請

未成年者がパスポート申請を行う場合、パスポート申請書類の裏面にある

「申請書類等提出委任申出書」

に法定代理人の署名が必要になります。

法定代理人とは、

・親権者である父母
・養子縁組をしている場合には養親


親権者がいない場合には未成年者後見人が法定代理人として認められています。

法定代理人が遠隔地にいて、パスポート申請書類の裏面に署名できない場合には、
法定代理人の署名入りの「旅券申請同意書」の提出でも構いません。

法定代理人による代理申請の場合には、法定代理人による

「申請書類等提出委任申出書」

の記入は不要となっています。

また、中学生以下で身分証明書を所持していない場合で、法定代理人と共に
申請手続きを行う場合には、法定代理人の身分証明ができれば、子供の
本人確認書類が免除されるので必要ありません。

法定代理人がいない未成年者の場合には、里親決定通知書や里親の署名、
または、後見人選任の証明書や後見人の署名と共に渡航事情説明書などを
提出する必要があります。

パスポート発行にかかる金額が、12歳未満では減額されていますから、
12歳の誕生日の二日前までに申請を行えば、割引の対象になります。

いずれにしても、成人と同様に、申請は代理人でも行うことができますが、
受け取りは本人でなければなりません。


やや、分かりづらい内容ですが、要は未成年者の場合は委任状が必要って
ことなのです。

両親がいるなら父か母の署名がしてもらえば良いということです。


 
inserted by FC2 system