海外旅行で注意すること!TOP > パスポート申請 > パスポートの有効期限を確認しよう?

パスポートの有効期限について

このページでは、パスポートの有効期限ついて解説しています。

パスポートには、

・赤いパスポート5年間有効
・青いパスポート10年間有効

があります。

20歳以上なら、5年間有効のパスポートにするか、
10年間有効のパスポートにするかを選んで申請することができます。
(10年間有効のパスポートには、少し値段が高くなります)

しかし、20歳未満の場合は、5年間有効のパスポートしか申請できません。

そして有効期間が切れてしまうと、基本的にパスポートとしての効力を失い
無効となります。


パスポートの注意点

当然の事ですが、有効期間の短いパスポートの場合はその期限を過ぎると
その国を出なければいけませんので注意が必要です。


海外旅行に出かける前に必ず確かめて、パスポートの有効期限が近づいている
場合には、新たにパスポートを取り直すようにします。

また、アメリカとか、国によっては出国日から6ヶ月間の有効期間がなければ
入国が認められません。

ですので、期間が足りない場合には新たにパスポート申請をして有効期間を
延長しなければいけません。

特に会社の出張で長期滞在型になる場合や長期旅行をする際には、
パスポートの有効期限がよく確認する必要があります。

パスポートの延長が必要かどうかを必ずチェックしてください。


パスポートの有効期限が近づいたら?

パスポートは残り有効期間が1年を切ると、切替発給をすることができ、
新規取得より少ない書類で更新発行を申請することができます。

ですが、有効期間が1年以上ある場合に、更新手続きをしたい場合は、
新規取得で有効期間を伸ばさなければなりません。


 
inserted by FC2 system